福岡の川原眼科|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

コラム一覧|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 09:00~12:30 /PM 14:00~17:30(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

menu

医院コラム

片目つむりでチェックを

片目つむりでチェックを
 

目は左右に2つあります。
左右2つあることで、立体的に見たり、距離感を把握しています。
また、片方が見えにくくても、もう一方が補い、生活に不自由をきたさないようにしています。

眼科の診療の際、片目だけ視力が低下している患者さんに、
「いつから、片目がみえにくいですか?」と尋ねると
「いつからかわからない、見えにくいと思ったことがない」と、言われることがあります。

良い方の目がカバーするため、自覚症状がでにくいことがあるのです。
自覚症状がない場合には、眼科に行くきっかけがなく、病気の発見が遅れることになります。
そうならないために、片目ずつの見え方を確認することが大切です。

セルフチェックの仕方ですが、
1)片目つむりをする もしくは  2)片目を手でカバー
で、左右それぞれの見え方を確認しましょう。

左右で見え方が違う場合には、目の病気が隠れている可能性があるため、眼科受診をお勧めいたします。

目の見え方で気になることがあれば、気軽にご相談ください。🤗

院長 末廣

 

久山の眼科なら川原眼科久山クリニックへ
コストコがあるトリアス久山にあります
土日祝日も診療しております 🤗

戻る