福岡の川原眼科|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

コラム一覧|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 09:00~12:30 /PM 14:00~17:30(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

menu

医院コラム

眼底に膜がはる病気 「黄斑上膜(黄斑前膜)」

眼底に膜がはる病気 「黄斑上膜(黄斑前膜)」

 

眼科の器械は年々、進化してきています。
私が医者になった時にはなかった新しい器械がどんどん出てきています。

その1つに、光干渉断層計検査(OCT)があります。
眼底にある網膜を輪切りにした画像を撮影することができる器械です。
この検査により、目視では確認が困難であった詳細な所見もわかるようになりました。
その1つに「黄斑上膜」があります。

 

黄斑上膜は、眼底にある網膜に膜が張る疾患で、眼科の疾患の中では比較的よく見かけるものです。
自覚症状は物がゆがんで見える(変視症)、物が一部分が大きく見える、見たい所がぼやけるといったものです。
OCTでは、膜が張っているのを確認できます。(画像参照)

OCTの登場により、この疾患の診断は比較的容易になりました。

軽度の場合には、視力低下や歪みなど自覚症状が無い場合には、悪化が無いか経過をみていくことが多いです。
自覚症状がある場合には、手術となります。

黄斑上膜の手術時期に関しては、最近では「かなり視力が低下したときに行うよりも、さほど視力低下が軽いときに行うことが多くなっています。」
それは、視力低下が強くなってから手術をした場合には、症状(視力、歪み)の回復が難しいケースがあり、
軽度の視力低下で手術した方が、症状の改善が良いと言われているからです。

当院にもOCTを備えておりますので、黄斑上膜の診断、経過を見ていくことは可能です。
また、手術の適応になった場合には、川原眼科本院での手術が可能ですので、安心して通院いただけます。

 

当院は結膜炎、糖尿病網膜症、緑内障、白内障などの一般診療も行っています。
目のことで気になることがございましたら、久山町にある川原眼科 久山クリニックにご相談ください。

院長 末廣

 

久山の眼科なら川原眼科久山クリニックへ
コストコがあるトリアス久山にあります
平日は18時半まで
土日祝日も診療しております 

戻る