手術に対するこだわり|福岡で眼科なら粕屋町仲原・志免町の川原眼科へ。

menu

手術に対するこだわり

高度で専門的な手術を実現するために ~川原眼科のこだわり~

Q.O.V.(Quality of Vision)という言葉をご存知でしょうか? Q.O.L.(Quality of Life=生活の質)から派生した言葉で、直訳すると「見え方の質」という意味になります。眼科医療では眼の病気やトラブルの改善を目指すのは当然ですが、当院では更に見え方の質も向上させることを目指しています。

福岡県糟屋郡粕屋町の「川原眼科」では、白内障をはじめ、さまざまな眼科治療を得意としています。Q.O.V.向上につながる高精度で専門的治療・手術を実現できるよう、当院ではこだわりある取り組みを行っています。

川原眼科の手術

当院院長の川原周平は、手術治療を得意としています。白内障手術はもちろん、網膜硝子体手術(網膜はく離、黄斑上膜、黄斑円孔、眼底出血など)・緑内障手術・涙道手術・加齢黄斑変性治療・眼瞼下垂手術・ICL手術にも対応しております。日本眼科学会の専門医・指導医でもあります。国立病院機構「小倉医療センター」に勤務し、数多くの難症例の手術を経験しています。

川原眼科の手術

現在も大学との関係を維持し、国内外の学会に積極的に参加することで、最先端の医療技術や情報を常に更新しています。手術は日々進歩していますが最新の治療が最良の治療であるとは限りません。その中から患者様1人1人にあった治療を最適にご提供することが大事だと考えています。また、手術をする時期も大切です。予約がいっぱいだからと先送りせず適切な時期にお待たせすることなく手術を受けていただけるように配慮しています。

川原眼科の手術

2016年の開院にあたって、最新の検査・手術設備を導入しました。院内は徹底した衛生管理を行い、患者様の眼を考慮した設計となっています。また、眼科手術は日帰りで行えるものがほとんどですが、入院が必要なケースでは近隣の「仲原病院」様と連携して対応します。当院で対応が難しい高難易度の症例に対しては、大学病院と医療連携を図ることも可能です。

導入設備

カリスト・アイ(CALLISTO eye)

当院では、高精度な眼科手術の実現を目指し、さまざまな最新設備を導入しています。カールツァイスメディテック社(ZEISS社)の眼科手術支援システム「カリスト・アイ(CALLISTO eye)」もその一つです。

カリスト・アイは術前の検査データやシミュレーション画像を術者の視界に重ね合わせることでその眼に合った切開位置や眼内レンズの位置情報を提示します。これにより、これまでにない質の高い精密な手術を可能にします。これまでの白内障手術から、一歩進んだよりQOVを高める白内障手術を実現します。

IOLマスター700

白内障手術において最も重要な検査に眼軸長(眼の長さ)があります。これを正確に測定することで正しい眼内レンズを選択することができます。当院は、眼軸長測定装置としてカールツァイスメディテック社の「IOLマスター700」を導入致しました。最新のテクノロジーを融合しており、従来のものより測定誤差が少なく良好な術後成績をもたらします。

Copyright © 川原眼科. All Rights Reserved.

pagetop