網膜硝子体、網膜はく離などには網膜硝子体手術が有効|ご相談は糟屋郡粕屋町の川原眼科へ

menu

網膜硝子体手術

  1. ホーム > 
  2. 網膜硝子体手術

網膜はく離や黄斑上膜などを改善  ~網膜硝子体手術~

網膜はく離や黄斑上膜、硝子体出血、黄斑円孔、糖尿病網膜症など、目にはさまざまな病気が存在します。眼球の大部分を占める透明でゼリー状の組織「硝子体」を出血や濁りなどと一緒に取り除く「網膜硝子体手術」によって、これらの病気が改善する場合があります。福岡県糟屋郡にある川原眼科では、これまで多くの「網膜硝子体手術」を行ってきました。ここでは、網膜硝子体手術についてわかりやすくご説明します。

網膜硝子体手術とは

「硝子体」とは、眼球の大部分を占める、透明でゼリー状の組織です。硝子体には血液がなく出血することはないのですが、周囲の血管からの出血によって血を含み、網膜に光が届かなくなることがあります。また、何らかの理由で網膜を引っ張ったり炎症を持続させたりと、目の病気の要因となる場合があります。
それらの改善のため、白目部分に小さな穴を3カ所開けて細い手術器具を入れ、血や濁りと一緒に硝子体を取り除いて、それぞれの病気に応じた処置を施す手術のことを「網膜硝子体手術」と言います。局所麻酔をしますので、手術の際は痛みをほとんど感じません。

  • 黄斑上膜
  • 硝子体出血
  • 黄斑円孔
  • 網膜はく離
  • 飛蚊(ひぶん)症

黄斑上膜

黄斑上膜とは

網膜の中心部分を黄斑と言いますが、その黄斑の表面を覆うように張った膜を黄斑上膜と言います。この状態になると、黄斑が分厚くなったりシワがいったりする場合があり、それによりさまざまな症状が現れます。自然治癒することはなく、放っておくと悪化していきます。

黄斑上膜の原因

加齢による場合がほとんどです。大体40歳を過ぎたあたりから硝子体の質に変化が起こり網膜から離れていきます。この際黄斑に硝子体の一部が残る場合があり、その硝子体の一部が黄斑上膜となります。それ以外に網膜はく離の一歩手前「網膜裂孔(亀裂や穴ができること)」、目の中の炎症「ぶどう膜炎」、また交通事故などによる外傷が原因となることもあります。

黄斑上膜の症状

黄斑上膜ができても特に症状がでない場合も多くありますが、黄斑上膜が厚かったり縮み方が著しかったりすると、視力が低下したり物がゆがんで見えたり、網膜にシワを作ったりすることがあります。

黄斑上膜の治療法

唯一の治療法は手術です。ただし失明の恐れはないため、慌てる必要はありません。手術が必要か、ベストなタイミングはいつなのかなど医師と相談してから手術を検討しましょう。具体的には、硝子体を除去して黄斑上膜を取り除く「網膜硝子体手術」を行います。この手術をすれば白内障が進む可能性が高いため、高齢者の場合は、同時に白内障の手術もします。必ずしも術後すぐに改善するわけではなく、じわじわと効果が表れることもありますので、焦らずじっくり経過観察しましょう。

硝子体出血

硝子体出血とは

硝子体とは眼球の大部分を占める透明なゼリー状の組織を言います。硝子体には血液がないのですが、周辺の毛細血管などから出血してその血液が硝子体にたまると、網膜まで光が届かなくなります。この硝子体に血液がたまった状態が「硝子体出血」です。

硝子体出血の原因

硝子体出血の原因は、加齢によるものと病気によるものの大きく二つに分けることができます。
・加齢によるもの…本来ゼリー状の硝子体が加齢によって液化し、網膜から?がれていく状態(後部硝子体はく離)や、加齢によって網膜の黄斑に不具合が生じて見えにくくなる状態(加齢黄斑変性)など
・病気によるもの…糖尿病が原因で網膜の毛細血管が詰まる病気(増殖糖尿病網膜症)やくも膜下出血など

硝子体出血の症状

出血が少ない場合は、黒い小さな点や虫のようなものが見える「飛蚊(ひぶん)症」が現れます。出血が大量になると、小さな点や虫ではなく、大量の墨を一気に流したような見え方になります。さらに出血量が増えると霧がかかったように見える「霧視」が現れ、ひどい場合は明るさと暗さしかわからないほど視力の低下が進みます。

硝子体出血の治療法

硝子体出血が起こった原因によって、治療法は異なります。網膜はく離にまで至っていない場合はレーザー治療を行い、出血が収まればその後は経過観察をします。それでも出血が収まらない場合や網膜はく離まで進行している場合は早急にレーザー治療、あるいは硝子体手術を行います。糖尿病などが原因の場合は、その治療も行う必要があります。

黄斑円孔

黄斑円孔とは

「黄斑」とは網膜の中心部で、視細胞の多く集まる非常に重要な部分です。この部分にほんの少し不具合が生じるだけで視力が著しく低下します。
その大切な黄斑に穴が開くことを「黄斑円孔」と言います。丸く開くことが多いため、「円孔」と呼ぶようです。基本的に高齢者に起こる病気ですが、眼球を事故やケンカなどで強く打撲した場合などは若い人にも起こります。強度の近視の人もなりやすい病気です。

黄斑円孔の原因

加齢による場合がほとんどですが、事故などで頭や眼球を強く打撲した場合などは若い人でもなる可能性があります。また、強度の近視が原因で起こることもあります。

黄斑円孔の症状

まず「変視症」が現れます。「変視症」とは物がゆがんで見える症状ですが、黄斑円孔では、中心にある黄斑に不具合が生じているため、中心のみがゆがんでいるように見えます。進行すると視力が低下していく病気です。ごくまれに網膜はく離になる場合があり、それを放置すると失明する恐れがありますので、早期発見・早期治療を目指しましょう。

黄斑円孔の治療法

「硝子体手術」を行います。まずは網膜にくっついた硝子体の膜をはがします。それでも改善しない場合は網膜の表面にある黄斑円孔の周りの内境界膜(網膜の表面にある膜)をはがします。その後医療用ガスを注入して、網膜を眼球壁にくっつける処置をして完了です。
なお手術後はOCT(3次元画像解析検査)で穴がふさがったことが確認できるまで、患部に確実にガスが届くよううつぶせの状態でいます。

網膜はく離

網膜はく離とは

「網膜」とは、光を感じてそれを神経に伝達する膜のことです。その網膜は、さらに「神経網膜」と呼ばれる部分とそのどだい部分「網膜色素上皮」に分けられます。網膜はく離とは、神経網膜が網膜色素上皮から?がれた状態を言います。

網膜?はく離の原因

加齢によるものが多いですが、糖尿病など他の病気がきっかけになる場合、また事故による打撲が原因となる場合があります。原因にかかわらず、完全な網膜はく離の前に「網膜裂孔」が起こります。これをそのまま放置すると、この亀裂や穴から水分が入ってはく離へと結びつきます。

網膜はく離の症状

網膜が?がれても痛みはないので非常に気づきにくいのが普通ですが、初期の段階で「飛蚊(ひぶん)症」や「光視症(実際には光があるわけではないのに光の点滅を感じる症状)」が現れる場合もあります。進行して網膜の中心である黄斑まで?がれてしまうと、一気に視力が低下して最悪失明の恐れがあります。

網膜はく離の治療法

まだ「網膜裂孔」の段階なら、レーザーなどを使って亀裂や穴を固めてふさいでしまい、水が入らないようにしてはく離への進行を食い止めます。完全に網膜はく離に進行している場合は、手術を行います。進行の程度や硝子体の出血有無、他の目の病気の有無などによって、「硝子体手術」か「強膜バックリング手術(網膜の外の強膜を目の内側に向けてへこませることで?がれた部分を近づけていく手術)」かどちらかを行います。

PICK UP! -飛蚊(ひぶん)症-

ある時突然、目の前に小さな黒い虫やゴミのようなものが目の前に見えた経験はありませんか?それを飛蚊(ひぶん)症と言います。多くの場合は、加齢による生理的な現象で、気にする必要はありませんが、ごくまれに「網膜はく離」や「硝子体出血」などの前兆の場合があります。これら病気の早期発見のためにも、念のため眼科を受診することをおすすめします。

Copyright © 川原眼科. All Rights Reserved.

pagetop