川原眼科の特徴・院長紹介|福岡で眼科なら粕屋町仲原・志免町の川原眼科へ。

menu

川原眼科の特長・院長紹介

  1. ホーム > 
  2. 川原眼科の特長・院長紹介

粕屋町から専門的な眼科医療をご提供してまいります

福岡県糟屋郡粕屋町の「川原眼科」は、九州大学病院や国立病院機構「小倉医療センター」で臨床経験を重ねてきた院長・川原周平が、2016年に開院の新しい眼科です。高度で専門的な眼科医療をご提供する当院には、粕屋町はもちろんのこと、福岡市東区や糟屋郡エリア(志免町・須惠町・宇美町・久山町・篠栗町)からも多くの患者様にご来院いただいています。

一般診療・検診から、手術・治療まで幅広い患者様のニーズにお応えする当院の特徴や院長の経歴をご紹介します。

川原眼科について~どんなクリニック?~

最新・安心の手術を提供します

白内障手術をはじめとして、網膜硝子体手術(網膜はく離、黄斑上膜、黄斑円孔、眼底出血など)、緑内障手術、涙道手術、眼瞼手術などのさまざまな眼の疾患やトラブルに対応できる技術を有しています。
院長は、その技量を存分に発揮できるよう手術環境の整備にも力を入れています。

ご予約は不要です

専門性の高い治療を行っているというと、予約が必要なんじゃないか……と思われるかもしれませんが、当院はご予約不要で受診できます。時間帯によっては混みあうこともあるかもしれませんが、無駄のない適切な判断でスタッフが患者様に対応いたしますのでご安心ください。

患者様にやさしい医院設計を行っています

患者様にやさしい医院設計を行っています

当院は、眼にトラブルを抱えた患者様にご利用いただくクリニックですから、ユニバーサルデザインを採用し、いつでも患者様にとって使い勝手のいい環境に整えるよう努めています。新規開院でキレイな院内は、皆様に快適にお過ごしいただける工夫を凝らしています。

高齢者の眼の不安もご相談ください

近年増えているのが高齢者を介護されている方や、ご家族からのご相談です。眼の疾患やトラブルは老化によって症状が出てくるものが多くあり、「高齢だから仕方がない」とご本人もご家族もあきらめてしまっているケースが少なくありません。しかし実際には、眼の治療・手術に年齢は関係ありません。

視力が低下すると、細かな活字を見たり手元作業したりがおっくうになります。また、転びやすくなって行動範囲が狭くなるなど、脳への刺激も少なくなりがち。生活への意欲・活力が乏しくなって悪循環に陥ってしまうこともあります。最近では、白内障の手術を行うことが認知症の予防に繋がると報告されています。

眼の疾患は、治療や手術によって症状や視力が改善することがあります。当院の何らかのご提案で力になれることがあるかもしれません。あきらめてしまう前にまずはご相談ください。

院長 川原 周平

院長 川原 周平

資格
医学博士
日本眼科学会専門医
日本眼科学会指導医
ICL認定医
オルソケラトロジー認定医
ボトックス認定医
LASIK(IntraLase)認定医
所属学会
日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本白内障屈折矯正手術学会
American Sociaty of Cataract and Refractive Surgery
賞与
日本糖尿病眼学会 福田賞
出身地
長崎県
専門

網膜剥離、黄斑円孔、網膜上膜、 糖尿病網膜症といった網膜硝子体疾患

・難症例の白内障手術
・緑内障治療

経歴

院長 川原 周平

平成15年
九州大学 医学部 卒業
平成15~18年
九州大学病院
平成18~22年
九州大学大学院
平成22~23年
麻生飯塚病院
平成23~24年
九州大学病院 病棟主任
平成24~28年
国立病院機構小倉医療センター 眼科医長
平成26年
Los Angeles VA Greater Healthcare System 留学
平成28年
川原眼科 開院
~メッセージ~

すべての患者様に対して、自分の家族の手術をしているつもりでいます。また、自分が患者様と同じ病状であればどのような治療法を選択するか、常に親身になって考えるようにしています。

Copyright © 川原眼科. All Rights Reserved.

pagetop