川原眼科の特徴・院長紹介|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

menu

川原眼科の特長・院長紹介

  1. ホーム > 
  2. 川原眼科の特長・院長紹介

福岡から専門的な眼科医療をご提供してまいります

福岡の「川原眼科」は、九州大学病院や国立病院機構「小倉医療センター」で臨床経験を重ねてきた院長・川原周平が、2016年に開院の新しい眼科です。高度で専門的な眼科医療をご提供する当院には、福岡県内やその近隣からも多くの患者様にご来院いただいています。

一般診療・検診から、手術・治療まで幅広い患者様のニーズにお応えする当院の特徴や院長の経歴をご紹介します。

川原眼科について~どんなクリニック?~

最新・安心の手術を提供します

白内障手術をはじめとして、網膜硝子体手術(網膜はく離、黄斑上膜、黄斑円孔、眼底出血など)、緑内障手術、涙道手術、眼瞼手術などのさまざまな眼の疾患やトラブルに対応できる技術を有しています。
院長は、その技量を存分に発揮できるよう手術環境の整備にも力を入れています。

ご予約は不要です

専門性の高い治療を行っているというと、予約が必要なんじゃないか……と思われるかもしれませんが、当院はご予約不要で受診できます。時間帯によっては混みあうこともあるかもしれませんが、無駄のない適切な判断でスタッフが患者様に対応いたしますのでご安心ください。

患者様にやさしい医院設計を行っています

患者様にやさしい医院設計を行っています

当院は、眼にトラブルを抱えた患者様にご利用いただくクリニックですから、ユニバーサルデザインを採用し、いつでも患者様にとって使い勝手のいい環境に整えるよう努めています。新規開院でキレイな院内は、皆様に快適にお過ごしいただける工夫を凝らしています。

高齢者の眼の不安もご相談ください

近年増えているのが高齢者を介護されている方や、ご家族からのご相談です。眼の疾患やトラブルは老化によって症状が出てくるものが多くあり、「高齢だから仕方がない」とご本人もご家族もあきらめてしまっているケースが少なくありません。しかし実際には、眼の治療・手術に年齢は関係ありません。

視力が低下すると、細かな活字を見たり手元作業したりがおっくうになります。また、転びやすくなって行動範囲が狭くなるなど、脳への刺激も少なくなりがち。生活への意欲・活力が乏しくなって悪循環に陥ってしまうこともあります。最近では、白内障の手術を行うことが認知症の予防に繋がると報告されています。

眼の疾患は、治療や手術によって症状や視力が改善することがあります。当院の何らかのご提案で力になれることがあるかもしれません。あきらめてしまう前にまずはご相談ください。

院長 川原 周平

院長 川原 周平

資格
医学博士
日本眼科学会専門医
日本眼科学会指導医
ICL認定医
オルソケラトロジー認定医
ボトックス認定医
LASIK(IntraLase)認定医
所属学会
日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本白内障屈折矯正手術学会
American Sociaty of Cataract and Refractive Surgery
賞与
日本糖尿病眼学会 福田賞
出身地
長崎県
専門

網膜剥離、黄斑円孔、網膜上膜、 糖尿病網膜症といった網膜硝子体疾患

・難症例の白内障手術
・緑内障治療

経歴

院長 川原 周平

平成15年
九州大学 医学部 卒業
平成15~18年
九州大学病院
平成18~22年
九州大学大学院
平成22~23年
麻生飯塚病院
平成23~24年
九州大学病院 病棟主任
平成24~28年
国立病院機構小倉医療センター 眼科医長
平成26年
Los Angeles VA Greater Healthcare System 留学
平成28年
川原眼科 開院
~メッセージ~

すべての患者様に対して、自分の家族の手術をしているつもりでいます。また、自分が患者様と同じ病状であればどのような治療法を選択するか、常に親身になって考えるようにしています。

業績

メディア
日本語論文

1. 臨床報告 霰粒腫の非接触型マイボグラフィ所見
高木 健一, 吉川 洋, 森重 直行, 川原 周平, 有田 量一, 塩瀬 聡美, 石橋 達朗 臨床眼科 70(12), 1785-1788, 2016-11

2. 5章 硝子体手術(ガスが入らない場合)眼科ケア 2015 年 3 月号:83-4.

3. 硝子体手術後に残存,再燃した糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロンアセトニド(マキュエイド)硝子体内注射についての検討
川原 周平, 江内田 寛, 石橋 達朗 あたらしい眼科 32(10), 1487-1491, 2015

4. OZil Intelligent Phaco (IP) を用いた白内障手術における累積使用エネルギー
松尾 健治, 川原 周平 IOL & RS : Japanese journal of cataract and refractive surgery : 日本眼内レンズ屈折手術学会誌 26(2), 192-196, 2012

5. 網膜の包括的神経保護 : 臨床応用への挑戦
石橋 達朗, 吉田 茂生, 江内田 寛, 池田 康博, 久冨 智朗, 武田 篤信, 中尾 新太郎, 大島 裕司, 宮崎 勝徳, 村上 祐介, 有田 量一, 川原 周平, 石川 桂二郎, 吉田 倫子, 納富 昭司, MILLER Joan W., 出原 賢治, 小比賀 聡, 門田 幸二, 向野 利寛, 園田 康平, 蜂須賀 祥行, 藤田 克実, 小林 俊洋, 上野 登輝夫, 小林 正彦, 上田 泰次, 長谷川 護, 小野 純也, 鍵本 忠尚, 居石 克夫, 赤司 浩一, 米満 吉和, 吉永 幸靖, 中村 大輔, 岡田 龍雄, 中別府 雄作, 中村 崇規, 池尾 一穂, 五條堀 孝 日本眼科學会雜誌 116(3), 165-199, 2012-03-10

6. SF-049-2 外科領域における3D立体映像システムの開発と臨床応用(SF-049 サージカルフォーラム(49)手術手技-2,第112回日本外科学会定期学術集会)
大内田 研宙, 家入 里志, 永井 英司, 剣持 一, 長尾 吉泰, 井上 大輔, 川原 周平, 江内田 寛, 富川 盛雅, 田中 雅夫, 橋爪 誠 日本外科学会雑誌 113(臨時増刊号_2), 351, 2012

7. 増殖性網膜硝子体疾患における瘢痕収縮に対するスタチンの強力な阻害効果 日本糖尿病眼科学会会誌 川原 周平vol.16,18-25,2011

8. コーツ病眼に対し硝子体手術を施行した1例
川原 周平, 望月 泰敬, 久冨 智朗, 永戸 天, 江内田 寛, 畑 快右, 上野 暁史, 石橋 達朗 日本眼科紀要 57(3),229-232, 2006

学会発表

2016~(川原眼科開院後)
・臨床における多焦点眼内レンズの実際 2018年 講演会
・福岡の眼科医療を盛り上げよう 2018年 第1回FESTIVAL 座長、代表世話人
・開業の理想と現実 ~遠隔診療の導入・実施まで~ 2018年 日本眼科手術学会
・マキュエイド テノン嚢下注のこつ 2017年 講演会
・SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術) 2016年 講演会

 

~2016
・進化する糖尿病網膜症の薬物治療 2015年 九州眼科学会
・無硝子体糖尿病黄斑浮腫のトリアムシノロンアセトニド(マキュエイド®)硝子体注射 2014年 日本眼科学会総会
・糖尿病網膜症の治療~増殖網膜症と黄斑浮腫~ 2014年 豊の国糖尿病と眼研究会
・眼という小さな宇宙〜侵略者は増殖膜〜 2013年
・ドーム型立体内視鏡映像提示システム(3DD)による眼内の観察と操作 2011年 日本眼科手術学会
・Potent Inhibition of Cicatricial Contraction in Proliferative Vitreoretinal Diseases by Statins 2008年 Joint Meeting of Korea-China-Japan Ophthalmologists
・スタチンによる増殖膜瘢痕収縮の病態制御 2008年 日本眼科学会総会
・Potent Inhibition of Cicatricial Contraction in Proliferative Vitreoretinal Diseases by Statins. 2008年 ARVO
・手術補助剤 ICG TMとBBG TMの安全性に関する細胞レベルの検討 2007年 日本眼科手術学会
・網膜下に充実性病変を伴い網膜芽細胞腫と鑑別が困難であったコーツ病の1例 2005年 九州眼科学会
・網膜静脈分枝閉塞症に対するトリアムシノロン併用硝子体手術 2005年 六大学眼科研究会
・網膜下に充実性病変を伴い網膜芽細胞腫と鑑別が困難であったコーツ病の1例 2005年 九大研究会
・コーツ病眼に対し硝子体手術を施行した1例  2004年 北日本眼科学会
・コーツ病眼に対し硝子体手術を施行した1例  2004年 六大学眼科研究会

英語論文

1. A key role for ROCK in TNF-α-mediated diabetic microvascular damage.
Arita R, Nakao S, Kita T, Kawahara S, Asato R, Yoshida S, Enaida H, Hafezi-Moghadam A, Ishibashi T.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2013 Mar 28;54(3):2373-83

2. Intravitreal anti-VEGF therapy blocks inflammatory cell infiltration and re-entry into the circulation in retinal angiogenesis.
Nakao S, Arima M, Ishikawa K, Kohno R, Kawahara S, Miyazaki M, Yoshida S, Enaida H, Hafezi-Moghadam A, Kono T, Ishibashi T.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012 Jun 28;53(7):4323-8

3. Vitreous levels of soluble vascular endothelial growth factor receptor (VEGFR)-1 in eyes with vitreoretinal diseases.
Asato R, Kita T, Kawahara S, Arita R, Mochizuki Y, Aiello LP, Ishibashi T.
Br J Ophthalmol. Br J Ophthalmol. 2011 Dec;95(12):1745-8.

4. Blood vessel endothelial VEGFR-2 delays lymphangiogenesis: an endogenous trapping mechanism links lymph- and angiogenesis.
Nakao S, Zandi S, Hata Y, Kawahara S, Arita R, Schering A, Sun D, Melhorn MI, Ito Y, Lara-Castillo N, Ishibashi T, Hafezi-Moghadam A.
Blood. 2011 Jan 20;117(3):1081-90.

5. Histopathology of neovascular tissue from eyes with proliferative diabetic retinopathy after intravitreal bevacizumab injection.
Kohno R, Hata Y, Mochizuki Y, Arita R, Kawahara S, Kita T, Miyazaki M, Hisatomi T, Ikeda Y, Aiello LP, Ishibashi T.
Am J Ophthalmol. 2010 Aug;150(2):223-229.e1.

6. Antiangiogenic mechanisms of simvastatin in retinal endothelial cells.
Hata Y, Miura M, Asato R, Kita T, Oba K, Kawahara S, Arita R, Kohno R, Nakao S, Ishibashi T.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2010 May;248(5):667-73.

7. Equivalent tamponade by room air as compared with SF(6) after macular hole surgery.
Hasegawa Y, Hata Y, Mochizuki Y, Arita R, Kawahara S, Kita T, Noda Y, Ishibashi T.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2009 Nov;247(11):1455-9.

8. Anatomical findings of vitreoretinal interface in eyes with asteroid hyalosis.
Mochizuki Y, Hata Y, Kita T, Kohno R, Hasegawa Y, Kawahara S, Arita R, Ishibashi T.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2009 Sep;247(9):1173-7.

9. Role of TGF-beta in proliferative vitreoretinal diseases and ROCK as a therapeutic target.
Kita T, Hata Y, Arita R, Kawahara S, Miura M, Nakao S, Mochizuki Y, Enaida H, Goto Y, Shimokawa H, Hafezi-Moghadam A, Ishibashi T.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2008 Nov 11;105(45):17504-9.

10. Rho kinase inhibition by fasudil ameliorates diabetes-induced microvascular damage.
Arita R, Hata Y, Nakao S, Kita T, Miura M, Kawahara S, Zandi S, Almulki L, Tayyari F, Shimokawa H, Hafezi-Moghadam A, Ishibashi T.
Diabetes. 2009 Jan;58(1):215-26.

11. Potent inhibition of cicatricial contraction in proliferative vitreoretinal diseases by statins.
Kawahara S, Hata Y, Kita T, Arita R, Miura M, Nakao S, Mochizuki Y, Enaida H, Kagimoto T, Goto  Diabetis. 2008 Oct;57(10):2784-2793

12. Intracellular events in retinal glial cells exposed to ICG and BBG.
Kawahara S, Hata Y, Miura M, Kita T, Sengoku A, Nakao S, Mochizuki Y, Enaida H, Ueno A, Hafezi-Moghadam A, Ishibashi T.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Oct;48(10):4426-32.

13. Dexamethasone inhibits interleukin-1beta-induced corneal neovascularization: role of nuclear factor-kappaB-activated stromal cells in inflammatory angiogenesis.
Nakao S, Hata Y, Miura M, Noda K, Kimura YN, Kawahara S, Kita T, Hisatomi T, Nakazawa T, Jin Y, Dana MR, Kuwano M, Ono M, Ishibashi T, Hafezi-Moghadam A.
Am J Pathol. 2007 Sep;171(3):1058-65.

14. Functional characteristics of connective tissue growth factor on vitreoretinal cells.
Kita T, Hata Y, Miura M, Kawahara S, Nakao S, Ishibashi T.
Diabetes. 2007 May;56(5):1421-8.

Copyright © 福岡の川原眼科. All Rights Reserved.

pagetop