今年も残すところあとわずかです|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

menu

医院コラム

今年も残すところあとわずかです

12月になってすっかり冬らしくなってきました。
院内は暖房と加湿器でケアをしていますが、外は乾燥しますね。

相変わらず「はやり目」の流行は続いています。
例年はこの寒い時期にはほとんど発生していないのですが今年は症状も強く、いまだに新しく発症して来られる患者様もおられます。
また、治ったと思っていたら2,3カ月して見えにくくなったと来られる方もおられます。
そういう方は「角膜炎」を起こしています。
今年の「はやり目」は後期合併症として角膜が白く濁って視力が落ちてしまう「角膜炎」を合併していることが多いようです。
大人なら見えにくくなるのでわかるのですが、お子様の場合、見えにくいとはなかな言わないのでそのままになっていることも多いです。
そうなると、わからないうちに角膜は濁ったままで、乱視などになり。。。
怖いですが実際にあるので注意が必要です。


当院は土曜午後、日曜、祝日は休診です。
先月、土曜日と祝日が重なった日に当院を受診された方が多くおられたようでご迷惑をおかけしました。
その日は全国の病院でも休診にもかかわらずしばらく並んで開くのを待ってしまったということが多発していたそうです。
土曜と祝日が重なると紛らわしいのでご注意ください。
このこともあり、ホームページの上部に休診日がわかるように新しく「お知らせ」の項目を作りました。



2月は学会が続くため、休診が多くご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございません。
日々の診療だけで新しい知見を広げることはできないためどうしても学会参加は必要です。
もちろん学会で得た知識などを患者様に還元するのが目的ですのでご了承ください。





福岡の眼科は川原眼科へ。
福岡市東区と粕屋の境にある当院は、博多駅から車で10分、天神から車で20分という距離にあります。
博多駅からは電車、天神からはバスが出ております。
白内障手術や硝子体手術、緑内障手術、ICL手術など眼科手術を得意としています。手術までは1ヶ月以上お待たせしないように心がけています。また、免許更新などお急ぎの方には早急に対応いたします。
 

戻る

一覧はこちら

一覧はこちら

Copyright © 福岡の川原眼科. All Rights Reserved.

pagetop