年内最後のICL手術でした|福岡で眼科なら粕屋町仲原・志免町の川原眼科へ。

menu

医院コラム

年内最後のICL手術でした


本日は平成29年最後のICL手術でした。
​今年は多くの方にICL手術を受けていただき目が良かった頃の裸眼生活を取り戻していただけたと思います。

​当院でICL手術を希望される方の平均年齢は30代後半くらいですが、
​実際には20歳から44歳まで幅広い年齢層が受けられます。
年齢が45歳を超えてからの手術は強く推奨されませんが、
​全国的には50代でも手術を受けられる方もいるようです。


 また、本日は他の眼科クリニック様からのご紹介で​硝子体手術も行いました。
当院の硝子体手術は基本的に日帰りで行っています。
現在の眼科医療レベルにおいては硝子体手術は入院で行う必要はなく、
日帰りで行うことにほとんどリスクはありません。


 硝子体手術を行っていない眼科クリニック様で、
日帰りでの早期の硝子体手術をご希望の患者様がおられましたら
​ぜひ当院へご紹介いただけますと幸いです。
​落ち着き次第、ご紹介いただいた眼科クリニック様に逆紹介させていただきます。




​来年3月17日に開催予定の第2回 眼の健康セミナーの参加募集も引き続き行っています。
すでに何名かご参加の連絡をいただいていますので興味がある方はお早めにご予約下さい。


福岡県糟屋郡粕屋町、志免町、福岡東区から目でお困りの患者様にご来院いただいています。ドライアイや結膜炎などの一般疾患から日帰り白内障・硝子体手術に至るまで、目のことなら川原眼科にお任せください。

戻る

一覧はこちら

一覧はこちら

Copyright © 川原眼科. All Rights Reserved.

pagetop