冬になると・・・|福岡の川原眼科

冬になると・・・|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

menu

医院コラム

冬になると・・・

こんにちは😃

ここ数年編み物にはまって、毎日毎日ニットを編んでいる受付の南です⛄

独学でやってますが、最近上達してきて、最近は大物のモヘアのセーターを編み上げました👕

出来上がりは自己満ですが、なかなかの出来でした✨

 

ここで問題です❢

私たちは瞬きを無意識に行っていますが、1分間で何回行っていると思いますか❓

 

 

正解は・・・

 

1分間に約20回です。

すると、1時間では約1200回です。

人生100年時代と言われてる今、一生で数億回の瞬きを無意識のうちにしていることになりますね。

 

しかし、集中しすぎると、ついつい一生懸命にものを見る為、瞬きの回数が少なくなってしまいます。

 

例えば、読書時・運転時・パソコン使用時・ゲームしてる時・編み物中など・・・

 

私もこの前3時間続けてセーターを編んでいる時に、気が付いたら目が痛くなってきて、『集中しすぎていた!!』と思いました。

 

おそらく瞬きの回数が少なくなってしまって、目の表面(角膜)が肌荒れのように乾燥してたんだと思います。

 

角膜は体の中でも一番敏感な場所で、少しの傷でも痛みを強く感じてしまいます。

さらに傷が角膜全体にできるとすりガラス状のようになるため、かすんで見えにくさを感じるようにもなります。

 

こういった症状をドライアイといいます。

ドライアイは、点眼することで症状を和らげることや角膜の傷を修復することができます。

 

点眼も、目に潤いを与える点眼涙の量を増やす作用がある点眼等数種類あります。

ドライアイの症状がひどい方には、寝る前に目の中に軟膏を入れてもらうこともあります。

 

きちんと診察して、個人個人の症状に合わせて適切なお薬を処方いたします。

 

あとは、ホットアイマスクなども有効です。

 

目の周りにはマイボーム腺という部分が数十か所あり、

そこから油が出て、涙が蒸発しないように目の表面に油膜を作ってくれています。

 

温めると油が出やすくなりますので、ドライアイの方は一度ぜひ、ホットアイマスクやホットタオルなどを利用してみてはいかがですか?

 

寒くなって空気も乾燥する季節になってきました。

暖房もつけるのでさらに空気が乾燥してしまいます。

 

普段から瞬きも意識的に行い、点眼やホットアイマスク、ホットタオルなどで、目のケアをお忘れなく♡

 

編み物好きな私も数時間も続けて行わないように休憩しながら楽しんでいこうと思っています☺

 

 

最後に年末年始のご案内です📕

 

❄川原眼科 本院❄

12/29(日)~1/5(日) 休診

 

❄川原眼科 久山クリニック❄

12/30(月)~1/3(金) 休診

 

年末年始のお休みにはお気をつけてご来院くださいませ。

 

年内は28日までは診察行っておりますので、何か眼にお困りのことがございましたら、川原眼科までご来院くださいませ☆彡

戻る

一覧はこちら

一覧はこちら

メノコト

Copyright © 2016 iMEDICAL.

pagetop